第2部 寺院大図鑑 096頁 掲載
平野山(ひらのさん)
西方寺(さいほうじ)
 
住所
〒669−2153
兵庫県篠山市今田町今田新田82
 
連絡先・URL
TEL 079−597−2788
FAX 079−597−2885
メール saihouji@hyogotendai-yb.net
ホームページ http://www4.ocn.ne.jp/~westend/

御本尊
弥陀三尊(阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩)


御詠歌
西へゆく 心の月に照らされて 迷いの雲の あとかたもなし


縁起
 およそ530年以前、西方寺は、法道仙人による金鶏山西光寺の塔頭として創建されていた。大化時代の建立で八百有余年隆昌をきわめていたが、幾度かの災禍によって頽廃。その後、本荘坂に建っていた西光寺の山門を現地に移し、当地に生まれ変わったと推定されている。約400年前、波多野秀治公の縁者によって再興され現在に及んでいる。
 ご本尊は700年以上経過している阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩の木造三尊立像である。同年代に作られた不動明王は仮殿に安置され、毎月28日に不動講によるお勤めが行われ1月28日の初不動には採灯大護摩供を奉修している。平成8年からは宝の道七福神霊場会第14番札所として三面大黒天を奉安し年6回、甲子の日に甲子会(きのえねえ)を営んでいる。この大黒天は比叡山延暦寺大黒堂に祀られている三面大黒天の御分身である。
 山門の脇に時代を物語る榧(かや)の大木が枝を張り、境内には推定600年を経るサザンカの古木が際だった存在感を示し“さざんかの寺”と呼ばれる所以になっている。
 郷土の義民市原清兵衛の菩提碑も建立され、地元及び酒造関係者の信仰を集めている。




年中行事
1月 1日 修正会
1月28日 初不動尊採灯大護摩供
2月15日 涅槃会
GW最終日 花祭り
7月28日 市原清兵衛追悼法要
8月16日 施餓鬼会
11月23日 さざんか祭り
毎月28日 不動講
甲子日 三面大黒天甲子会
地図

交通機関
自動車
舞鶴若狭自動車道三田西I・Cより約20分
舞鶴若狭自動車道丹南篠山口I・Cより約20分
国道372号線と県道141号線の交差点『本荘』を南へ400メートル
電車
JR宝塚線(福知山線)相野駅下車タクシー約15分
バス
JR宝塚線(福知山線)草野駅バス停〜今田新田バス停 約30分
JR宝塚線(福知山線)古市駅バス停〜今田新田バス停 約30分
今田新田バス停から南へ100メートル
但し、バスは日中数便のみ運行。
 
 
前の寺院 五十音順別一覧 各部選択画面 次の寺院